European Materials Research Society 2017 Fall Meeting

開催日:2017年9月18日~9月18日
開催場所:Warsaw University of Technology, Warsaw, Poland
発表形式:ポスター発表
発表題目/発表者: ”Decreasing optical propagation loss in electrospun polymer fibers through post-heating”/大森 啓翔(M2)
"Plasmonic time delay and switching using short-range surface plasmon polaritons on a bow-tied metallic waveguide" /古木 崇裕(M2)
感想:幅広い国の方々から多くの質問を頂いたが,聞き取れないことが多々あり対応に時間がかかってしまいました.スピーキング能力は勿論のこと,リスニング能力もさらに向上する必要があることを強く感じることができました.(大森)
1500人以上が参加する大きな学会だったので緊張しましたが,積極的に説明することができました.また,初めてヨーロッパに行くことができ,文化や長距離移動の大変さを感じることができて,とても有意義でした.(古木)

the 8th International Conference on Metamaterials, Photonic Crystals and Plasmonics (META'17)

開催日:2017年7月24日~7月28日
開催場所:Songdo Convensia,Incheon-Seoul,South Korea
発表形式:ポスター発表
発表題目/発表者: ”Asymmetric Bow-tied Plasmonic Demultiplexer Using Multimode Interference”/中山昂太郎(M2)、渡邊領(M2)
感想:800人を超える大きな国際会議に参加でき,他研究者の発表の聴講も含め,貴重な体験ができました. ホテルや食事処などでも英語を使用する必要があり苦労した点もありましたが,海外を楽しむことができました.(中山昂太郎)
会場にいた方々と専門的な議論をできとても有意義な会議でした.(渡邊)

8th International Conference on Surface Plasmon Photonics

開催日:2017年5月22日~5月26日
開催場所:Academia Sinica, Taipei, Taiwan
発表形式:ポスター発表
発表題目/発表者: ”Highly efficient plasmonic excitation structure in hybrid waveguides”/太田雅(D2)
”Electro-Plasmonic Modulator Using Free Carrier Absorption”/樋口竣一(M2)
”Wavelength Dependence of a Plasmonic Phase Adjuster Output in the O-band”/菊地裕大(M1)
”Plasmonic Signal Inverter using Multimode Interferometer”/外岡悠汰(M1)
”All-Plasmonic Halfadder using Tapered Waveguide-Based Mode Conversion and Multimode Interference”/平野智裕(M1)
感想:大変有意義な学会でした.(太田)
広い会場だったので緊張しました.(樋口)
良い経験になりました.(菊地)
国際学会に参加して自分の研究分野の最先端の内容を知ることができ、自分の研究内容の立ち位置を確認できた.(外岡)
英語で研究の説明をすることができ、良い経験となった.(平野)